Flight to Denmark / Duke Jordan




女の子にプレゼントするなら?
「Waltz for Debby / Bill Evans」?
おれならこのCDを選ぶなー。
ピアノトリオはいいねー。ダイスキ。
ビル・エバンス、キース・ジャレットもいいけど、こういう泥臭いノリノリのピアニストが好きです。
キースやエバンスのような怖いまでに研ぎ澄まされた雰囲気はありません。
超絶テクニックもないです。パワーもスピードもない。
歴史的名盤とは程遠いです。
でもひたすらスキなんだなー。
やさしくって、あったかい。
泣いちゃうCDナンバーワンだ。
曲がなにしろ最高。
中盤のオリジナル、「Glad I Met Pat」のやさしさはどうよ?
一曲目の「危険な関係のブルース」の繊細さはどうよ?
こんなにコーニーな曲なのにねー。
そして「how deep is ocean」「Everything happens to me」「Green Dorphin」などのスタンダードも最高。
(Green Dolphinのソロの入りは相当びっくりしたけど)
全曲捨てるところがありません。
普通、CDで別テイクがいっぱい入ってるとちょっとシラけるけど、このCDはゆるせるなぁ。
ピアノの音の美しさもたまらんなぁ。
録音の方法などもあるんだろうけど、やっぱし彼の独特の優しいタッチゆえだろう。
御大は2006年に亡くなられたのですね。
ああ、生で見ておきたかった・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>